英国人記者の視点 Jリーグに提案したい、アメリカMLSとの提携 - 【2chサッカーまとめ】らぶサカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国人記者の視点 Jリーグに提案したい、アメリカMLSとの提携

1:2014/01/29(水) 22:07:30.58 ID:
【英国人記者の視点】Jリーグに提案したい、アメリカMLSとの提携
http://www.footballchannel.jp/2014/01/29/post23635/

Jリーグにとって大きな曲がり角になるかもしれない【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

JクラブユースからMLSへ羽ばたいた木村光佑【写真:宇都宮徹壱】


来季から2ステージ制となり、大きな転換期を迎えたJリーグ。今後の発展に何が必要なのか。日本在住の英国人記者は意外な案を提案する。それは、アメリカのMLSとの提携だ。
2014年01月29日
text by ショーン・キャロル photo Tetsuichi Utsunomiya , Asuka Kudo / Football Channel

Jのファンは頭打ち?

 1993年に始まったJリーグは、“発展”をキーワードに進んできた。だが、昨年のわずか12ヵ月の間になされた決定がJリーグにとって大きな曲がり角になるかもしれない。

 国内リーグの人気が停滞し、観客動員も伸びず、リーグの財政が圧迫される状況で決定した2ステージ制の導入は、過去に回帰しただけではないだろうか。

 Jリーグへの関心が低いことに特別驚きもしないし、ファン数のグラフは上がり続けるわけではない。ゼロから50への進歩させることよりも、50から100を目指す方が圧倒的に難しいからだ。

 現在、日本は間違いなく、サッカー大国と言える。多くの選手がヨーロッパで活躍し、その傾向はずっと続いている。しかし、私はこれ以上のファンが国内リーグの影響で生まれるか疑問だ。

 J3は今シーズン導入される。しかし、昇格争いを含め、それらに対する関心は控えめにいってもわずかなものだろう。2013年のJ2平均動員数は6500人で。J3が1試合でもその記録を超えたら、それは驚異的と言っていい。

 もちろんプロスポーツにおいて、主な収入源はスタジアムの入場料だけに依存するものではない。イングランド・プレミアリーグが示すように、TV放映権はクラブの金庫を満杯にするのには最も効率がいい。がしかし、それは国内からではなく海外から得られたものだ。

[sponsored link]

3:2014/01/29(水) 22:08:01.27 ID:
MLSは世界で8番目の観客動員数

 Jリーグは「アジアのプレミアリーグ」としばしば言われている。その地位をもっと利用しなければならない。既に先手は打たれた。試合中継はアジアの多くの国で行われ、ヨーロッパや北米のチャンネルでも観ることができる。東南アジアのスター選手も獲得している。

 これは、多国籍なプレミアリーグが示すように、海外で関心を増やす素晴らしい方法だ。セレッソ大阪がディエゴ・フォルランを獲得したことは、トッププレイヤーが日本への移籍を現実的なオプションととらえていることを示す出来事と言える。

 しかし、私が理解できないことがある。JリーグがMLS(メジャーリーグサッカー)と協力関係を結ぶ道を探らないことだ。

 ともにリーグは同じ時期(MLSは1994年W杯がアメリカに決定したことをきっかけに設立され、1996年に現在の形が確立)に創設され、すでに既存の国民的スポーツが存在するなかで、自らを確立しなければならない状況だった。そして、同じく3月から12月にシーズンを開催している。

 提携は、双方に有益になるだろう。2リーグ間での選手移籍やマーケティング面での拡大についてのアイデアの共有など、ピッチ内外で役に立つはずだ。驚くことに、サッカーはアメリカで3番目に観客動員数の多いプロスポーツだ(アイスホッケーやバスケットボールよりも上)。そして、世界のサッカーリーグで8番目に高い平均観客動員数を持つ。Jリーグは、現在トップ10にも入らない。

 私は最近、MLSで最初にして現在も唯一の日本人選手であるニューヨーク・レッドブルズの木村光佑にインタビューする機会を持った(日本とアメリカ、双方知り、提携のメリットを語れる最適な人物と言えるだろう)。

「米国は、プロ意識がすべてです」と元川崎フロンターレユースの木村は語る。
4:2014/01/29(水) 22:08:08.37 ID:
「アメリカからJリーグ行く選手はあまりいません」

「MLSのレベルはとても上がっていますが、それは高いプロ意識を持って取り組んでいるからです。それはアメリカでは当然のことです。昨年、ニューヨークに多くの人がトライアウトに来ましたが、彼らはクラブの良い環境に信じられない様子でした」

「私がプレーするアメリカにはJリーグから来た選手が何人かいますが、アメリカからJリーグ行く選手はあまりいません」と、彼は続けた。

「私は、両リーグのレベルはほぼ同じだと思います。いくつかの点でJリーグの方が優れているとは思います。しかし、身体能力とスピードに関しては、おそらくアメリカの方が優れています」

 木村は、18歳のときに単身米国に渡り、ウエスタンイリノイ大学で4年間プレーした後、2007年、コロラド・ラピッツにドラフトで指名された。彼は太平洋を隔てたことで生まれてしまっているコミュニケーションの難しさ、いわゆる英語と日本語の問題が選手を遠ざける理由の一部であると考える。

「両リーグはほぼ同時期に開始されたため、ある種の対抗心を持っていると思います」。29歳になった木村は語る。

「誰もそれを言わないけど、私は何かがあると思う。両リーグには非常に多くの類似点がある。協力関係を結べば、それが双方の手助けになると思います」

 プレミアリーグは、イングランドだけに留まらず世界で地位を確立している。そして、Jリーグがそのレベルで競争したいなら、国際サッカーコミュニティが唯一の助けとなるだろう。MLSとの協力関係は、これからの発展のスタートとして最適なものになると思っている。

【了】
7:2014/01/29(水) 22:09:54.51 ID:
韓国人を優先的に雇い、ACLとかいう罰ゲームをやってるうちはMLSとの提携なんてでけまへん。
12:2014/01/29(水) 22:12:08.60 ID:
>>7
ACLを罰ゲームとか言ってるようじゃダメだわw
というか実力で勝てないくせにw
9:2014/01/29(水) 22:10:55.21 ID:
MLSはレギュラーシーズンが平均観客動員1.9万(19クラブ)
プレーオフが平均2.2万か
11:2014/01/29(水) 22:12:05.06 ID:
サッカーは大陸ごとのチャンピオンズリーグで盛り上がってんだよ

MLSとJが試合やっても所詮、親善試合でだれも興味もたない
13:2014/01/29(水) 22:12:58.50 ID:
「アメリカが儲かる」以外の結論が出るならいいけどなぁ
15:2014/01/29(水) 22:14:20.47 ID:
まあ地域が違う国との提携は別にいんじゃね
ただ別にアメリカだけじゃない
17:2014/01/29(水) 22:14:39.40 ID:
提携っていってもMLSに選手が流出するだけの気がするが
18:2014/01/29(水) 22:15:10.25 ID:
>驚くことに、サッカーはアメリカで3番目に観客動員数の多いプロスポーツだ
>(アイスホッケーやバスケットボールよりも上)

本当か?
何か数字のマジックがありそうな話だ
24:2014/01/29(水) 22:17:13.94 ID:
>>18
両方室内だから平均20000いかずに頭打ち
29:2014/01/29(水) 22:18:28.47 ID:
>>18
答えは簡単、会場にそこまでたくさん観客が入れないだけ
19:2014/01/29(水) 22:15:30.65 ID:
まーったく話題にならないよな
ベッカムとアンリの移籍くらいだな
21:2014/01/29(水) 22:16:29.39 ID:
>アメリカからJリーグ行く選手はあまりいません

あまりどころか数えるくらいしかいない
これまでに2人か3人じゃないか?
25:2014/01/29(水) 22:17:29.74 ID:
アメリカ代表で欲しいって選手はいないな
たぶんあちら側にしてもJにくるのは都落ちの感覚じゃないかな

でも日韓戦を廃止して日米戦を定期でやるってんなら賛成するよ
33:2014/01/29(水) 22:19:46.79 ID:
>>25
アホ言うな
MLSにいる日本人の大半はJのドロップアウト組だ
28:2014/01/29(水) 22:18:26.52 ID:
アメリカと組む=アメリカの都合だけを一方的に押し付けてくる
だからな
下手に手を出すとせっかく育てたJを好き勝手いじられた挙句、
アメリカに金を献上するシステムだけが残るようになるぞ
30:2014/01/29(水) 22:18:31.18 ID:
イギリス人が言うことは絶対に聞いちゃ駄目
戦争はイギリスが裏で暗躍してから起こる
31:2014/01/29(水) 22:18:42.59 ID:
提携して何をやるのかピンと来ない
お互い新しいリーグなので協力していくべきだと思うけど
具体的に何を協力するのかわからん
35:2014/01/29(水) 22:20:09.87 ID:
すでに東南アジアらへんと提携してんじゃなかったけ?
いいんじゃね、新たに一個ぐらい増えても
39:2014/01/29(水) 22:21:08.73 ID:
交流するなら代表戦だよな。リーグ単位でやれることは少ないし。
41:2014/01/29(水) 22:21:30.59 ID:
MLSはガンバにボコボコにされたってイメージしかない
44:2014/01/29(水) 22:22:02.33 ID:
MLSの試合たまに見てみるけど
黒人が突進しまくって外し続けて90分終わる
こういう中からアルティドールみたいなのが生まれたのだろうけど
ドノバンが生まれたのは奇跡としか言い様が無い試合してる
45:2014/01/29(水) 22:22:09.39 ID:
アメリカ人枠を用意しよう
MLSにも日本人枠を用意するべき
57:2014/01/29(水) 22:26:59.77 ID:
イギリス人様が「ガラパゴスリーグ同士で手組めばいいんじゃない?」って上から言ってるだけでしょこれ
58:2014/01/29(水) 22:27:08.98 ID:
MLSは東西ディビジョンで別れているからなあ。あれはJリーグと全然違う。
例えば東日本のクラブは西海岸と東海岸のどっちのクラブと提携するべきか、という
単純な疑問があるし
62:2014/01/29(水) 22:28:05.94 ID:
アメリカ行きの選択肢ってあまり思い浮かばない
基本的に欧州行きを望んでるし、それが無理なら国内
キャリア末期になり、Jでの契約が難しくなるとアジアかオーストラリア行き
つまり、サラリーキャップがあってレベルが日本と同程度のアメリカ行きは無理って話

ま、リーグ間の提携は模索してもいいと思うけど、あまり意味なさそう
67:2014/01/29(水) 22:29:04.62 ID:
>>62
第一遠いしな
69:2014/01/29(水) 22:29:38.12 ID:
J王者とそっちの王者と一試合対戦するだけでいい
71:2014/01/29(水) 22:29:44.28 ID:
今年のMLSは無名のブラジル人が得点王になって、向こうは騒然と
したらしいな。ロビーキーンとかディ・ヴァイオとかアンリとか連れてる
のに無名ブラジル人が得点王になったという事実。まあ、驚くわなw
73:2014/01/29(水) 22:30:14.17 ID:
アメリカ人はサッカーを特別視してないから無理
76:2014/01/29(水) 22:31:32.30 ID:
優勝した頃のマリノスとLAギャラクシーが親善試合してたけど、あんなのニートじゃなきゃ見れんわ
77:2014/01/29(水) 22:31:33.68 ID:
Jリーグは東アジアでのトップリーグ目指してるんだろ?
欧米の放映権ビジネスモデルのいいところを得て
中国や中東の金持ちクラブに対抗したいから
タイやベトナム、インドネシアとかの一線級を受け入れて
海外からのスポンサー得ようとしてると
87:2014/01/29(水) 22:35:19.97 ID:
アメリカでサッカースタジアムが賑わってる光景はいまだに違和感がある
93:2014/01/29(水) 22:36:03.85 ID:
>>87
ヒスパニック人口がどんどん増えてるから人種的には将来有望なスポーツ興行だろうよ
97:2014/01/29(水) 22:37:45.10 ID:
東南アジアとの提携はお互い損しない仕組みになりつつあるけど、MLSと組んでもなあ
こっちが教えを請うなら欧州になるし、アメリカ人にJをアピールとか意味不明だし、
選手の移動はリーグの提携とは関係のない個人的な事だしで、ピンとこないね

提携しても、お互い面倒な仕事が増えるだけで不幸になるだけのような気が





記事の閲覧ありがとうございます。下のバナーをクリックで応援お願いします!


コメント
※必須入力


コメント一覧

ここに来る奴らは世間知らずの最低な人間ばかりだ。

2014-03-14 15:37名無しのらぶサカ民

トラックバック
Copyright © 【2chサッカーまとめ】らぶサカ All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。