某記者「プロ化には『1チームのスポンサー収入2億円』が基準となるが、将来的になでしこLがプロ化する可能性は十分ある」 - 【2chサッカーまとめ】らぶサカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某記者「プロ化には『1チームのスポンサー収入2億円』が基準となるが、将来的になでしこLがプロ化する可能性は十分ある」

1:2014/02/07(金) 00:10:45.67 ID:
なでしこジャパン、ブーム終わり迎えた危機~国際戦不振、国内リーグ低迷…復活策を探る
2月6日(木)3時22分(栗田シメイ/Sportswriters Cafe)

 今、なでしこリーグが危機にさらされている。女子サッカー日本代表チーム、いわゆる「なでしこジャパン」は、2011年にドイツにおいて開催された「2011FIFA女子ワールドカップ(以下、W杯)」での優勝後、国民栄誉賞、紫綬褒章、同年の流行語大賞を受賞し、国内に空前のブームを巻き起こした。

 国民の期待を背負い挑んだ12年のロンドンオリンピックでは、決勝戦で米国代表に惜しくも1対2で敗れはしたが、日本女子サッカー初の銀メダルを獲得したことで、その後もなでしこブームは継続するかと思われた。

 しかし、昨年のアルガルべ杯でグループリーグ敗退、国際親善試合で連敗など、若手の底上げができない代表チームは不振を極め、国内のリーグにも影を落とした。なでしこリーグ3連覇中のINAC神戸レオネッサは、ピーク時には1試合に約2万人の観客を動員したが、昨季は1試合平均2503人(ホームゲームのみ)[※実際は1試合平均4611人(下記参照)]と、ドイツW杯以降最低を記録した。なでしこリーグ1番の人気チームで、「なでしこジャパン」に最多の選手を送り込み、昨年は「なでしこリーグカップ」「なでしこリーグ2013」「mobcast cup国際女子サッカークラブ選手権」「第35回皇后杯」の4冠を達成した“絶対王者”INAC神戸でさえこの状況ということは、他チームの現状は推して知るべきだろう。

(
>>2
に続く)

Business Journal
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140206-00010002-bjournal-ent&p=1

<2013年INAC神戸のホームの観客数>
◆ホーム9試合で総観客動員数4万1500人 平均観客動員数4611人
第1節4,012人(千葉L、ノエスタ)、第3節2,503人(大阪高槻、ノエスタ)、第5節2,908人(伊賀FC、ノエスタ)、
第8節6,401人(日テレ、ノエスタ)、第10節5,630人(新潟L、うまスタ)、第12節4,145人(岡山湯郷、あいづ)、
第14節8,169人(仙台L、ノエスタ)、第15節3,418人(浦和L、ノエスタ)、第17節4,314人(吉備国大、ノエスタ)
http://www.nadeshikoleague.jp/2013/nadeshiko/match/index.php

[sponsored link]

2:2014/02/07(金) 00:11:26.34 ID:
(
>>1
からの続き)

 そこで今回は、INAC神戸のケースを中心に、なでしこリーグの現状を紐解いていきたい。

●W杯優勝後のなでしこブーム

 ドイツW杯優勝によって、なでしこリーグを取り巻く環境は一変した。優勝前は、ホームでの1試合の平均観客動員数が912人だったINAC神戸は、優勝後の11年は1万3646人を数えた。他のチームに目を向けても同じ傾向にあり、アルビレックス新潟は1434人から5714人と4倍近くにまで増えている。

 しかし、オリンピックの開催年であった12年、INAC神戸のリーグ開幕戦の観客動員数は6776人。13年の開幕戦は4012人と、さらに落ち込みを見せる。メディア露出も減少し、ブームに陰りが見えている現実は受け止めなければならないだろう。

 ドイツW杯優勝後「なでしこジャパン」のスポンサーであるアウディは、小型乗用車「A1」22台を3年間の無償リースとして選手たちに提供した。贈与しなかった理由は、代表クラスでもプロ契約が少ない選手たちの車にかかる税金や保険など、諸経費の負担を軽減するためだ。

 INAC神戸の運営会社アイナックコーポレーションの親会社、アスコホールディングスを率いる文弘宣会長は、なでしこブームについて「どんなことでもブームというものは上下するもの。ただ、ブーム後の改善策を戦略的に練ることが大切」と話しており、INAC神戸はなでしこリーグの他クラブに率先してクラブ独自の制度の導入を始めた。

 ほとんどの選手が収入源をアルバイトに頼っているという、なでしこリーグの現状を打破するべく、INAC神戸は13年に全選手を運営会社であるアイナックコーポレーションの社員とし、社業に就くことのないセミプロ契約制度を導入した。この制度により、Bチームに所属する選手までサッカーに専念できるようになり、チーム内の競争意識が高まったことは、昨年度の4冠達成と決して無関係ではないだろう。

(続く)
3:2014/02/07(金) 00:12:07.81 ID:
(続き)

●目指すべきは地域密着型の経営スタイル

 長くINAC神戸を追い続け、なでしこリーグに精通する記者は次のように話す。

「INAC神戸はチームを単独一社の大企業が支えるのではなく、地元の中小企業や住民一人ひとりが色々な形で支える地域密着のチームを目指す取り組みを進めています。例えば、各スポンサーに自社株を持ってもらうなど、チームづくりに一緒に携わってもらっています。地域密着型経営をうたう各チームが見習うべき取り組みとして評価できると思います」

 だが一方で、INAC神戸1強となりつつあるリーグ全体については警鐘を鳴らす。

「サラリーキャップ制(クラブに所属する全選手の年俸総額に上限を設ける制度)を導入しなかったアメリカ女子リーグは、各チームの戦力差が顕著になり、結果としてリーグ全体の盛り上がりに欠け、一度廃止となりました。INACの1強時代が続けば、アメリカリーグと同じ道を歩む可能性もあります。Jリーグのように、毎年優勝チームが変わるような競争力が、長い目で見ればリーグの発展につながると思います」

 では、競争力の向上を考える上で必須ともいえる、なでしこリーグのプロ化は可能なのだろうか?

「プロ化の条件の1つとして、1チームのスポンサー収入『2億円』が基準となります。各チームはスポンサー集めに苦労していますが、中部の某チームがユニフォームの胸部にロゴを入れるスポンサーを募集した際、すぐに手を挙げた企業があったという現実もあります。将来的には可能性は十分あるといえるのではないでしょうか」

(続く)
4:2014/02/07(金) 00:12:48.68 ID:
(続き)

●新しいスター選手の出現と、若手選手の底上げが課題

 1月29日に行われたINAC神戸の新体制発表会では、新加入選手の入団発表は18歳の若手選手5人のみにとどまった。昨季チームの躍進を支えたチ・ソヨン、ヤネズといった外国人選手の退団に加え、チームの顔ともいえる川澄奈穂美、近賀ゆかりの海外移籍も間近に迫っている。今季INAC神戸が掲げる「若手選手とベテランの選手の融合」というテーマは、「なでしこ」を一過性のブームで終わらせず、将来のリーグの発展を考えた上での1つの試金石であるような気がしてならない。たとえチームの主力選手を放出しても、田中陽子、仲田歩夢、京川舞といった次世代のスター候補の若手選手が台頭しやすい環境づくりが、フロントも急務と捉えている。

 まだあまり注目されていない選手を自分の目で発掘する――そんな観戦方法もなかなか“粋”ではないか。そんなことを考えながら、今年はスタジアムに足を運ぶことになりそうだ。
8:2014/02/07(金) 00:16:24.82 ID:
そう、今シーズンこそ見に行かなくちゃ。京川のサインもらおう
9:2014/02/07(金) 00:17:55.57 ID:
代表で座席がエコノミーやら何やらで澤が発言してたでしょ
あの辺りで俺は冷めたわ
男子におんぶに抱っこな存在なのに
10:2014/02/07(金) 00:18:03.93 ID:
ブームと言われてるうちは一回冷まさないと駄目だ
日本人の飽き易さは半端ないんだから
11:2014/02/07(金) 00:20:32.75 ID:
金を払ってまで見るもんじゃない
13:2014/02/07(金) 00:21:25.99 ID:
名の知れた選手は全て海外のリーグへ
今シーズンは観客0の試合もありそう、もう終わりだろ。
23:2014/02/07(金) 00:35:28.24 ID:
>>13
その海外のリーグより、女子に限っては日本のほうがレベルが高い。
ただ、それを取り巻く環境がレベルが低すぎるだけの話。
14:2014/02/07(金) 00:23:17.60 ID:
>昨年のアルガルべ杯でグループリーグ敗退

毎回このレベルなんだよなあw
アルガルベは全チームが順位決定戦に進むからGL敗退なんて無い
19:2014/02/07(金) 00:28:11.30 ID:
>>14
なるほど 気が付かなかった

醜いなあ
15:2014/02/07(金) 00:24:19.23 ID:
男子高校生リーグの方が成功しそう
17:2014/02/07(金) 00:27:20.87 ID:
女子スポーツのプロ化ってやってるところあるのか?
見ていても男の中学生レベルなのに
金を払って見にいくようなもんじゃないよ
22:2014/02/07(金) 00:33:53.51 ID:
>>17
国内だと一応ゴルフ
あと世界に出ていかんとならなくなるがテニス
女子のほうがむしろ人気あんじゃねえのってのでボウリング
ショーが最近若干下火になってはきてるがフィギュアスケート
あと多少特殊になるが公営競技
それで飯が食えるわけではないがボクシング
他にもXスポーツとかマリンスポーツとかでいるが有名なのだとこのへん
30:2014/02/07(金) 00:49:29.17 ID:
観客を増やさないとな。
まずはユニフォームをシースルーにしよう。

ただし、澤は免除してやる。
31:2014/02/07(金) 00:51:03.81 ID:
簡単にいえば
ブーム終了
弱い
ガラガラ

ってことだな
40:2014/02/07(金) 01:00:40.28 ID:
女子サッカーなんて金払って見るもんじゃない。
体力が男子より数倍劣るが、
体力だけじゃなく、テクニックの次元が違う。
45:2014/02/07(金) 01:07:23.06 ID:
>>40
その理屈だと、高校サッカーとかJリーグも見れないんじゃね?
43:2014/02/07(金) 01:03:11.27 ID:
女でもできるスポーツってのが、サッカーのイメージをチープなものにしていると思う
49:2014/02/07(金) 03:08:54.96 ID:
INACが強いくせに人気がないのが悪いんだろ
50:2014/02/07(金) 03:25:41.97 ID:
客の増減を気にする様な、人気商売やってるのは1チームだけ
他は地域貢献、普及・受け皿作り、メセナ、オーナーの道楽でやってる
アイナックも最初はそうだったが
54:2014/02/07(金) 08:52:57.33 ID:
Jリーグみたいに地域密着ていう名目で税金に集ればいいじゃん
Jリーグが良くて女子サッカーはダメなんてことにはできないだろ
サッカーどんどん税金を吸い上げればいいんだよ
55:2014/02/07(金) 08:54:47.31 ID:
ブームの後はどうしてもこういうのがあるからこの後が重要
57:2014/02/07(金) 08:55:37.37 ID:
INACの場合はINACが全面に出るからダメなんだよ
川淵が正しかったってこと
63:2014/02/07(金) 09:36:48.01 ID:
完全にタイミング逃した、そう思うんだけど・・・
64:2014/02/07(金) 09:37:05.33 ID:
>>1
なでしこリーグの全試合有料化に記事で触れてない時点でお話にもならん駄文。
68:2014/02/07(金) 10:59:23.04 ID:
>>1
女子サカは野球と同じく1位米 2位日本 3位他国が成り立ってしまって面白くない 
男子サカのように対戦してない、又は数年前勝った・負けたが今回はどうか?のようなワクワクもないし
69:2014/02/07(金) 11:01:27.69 ID:
結局オリンピックやワールドカップ前後の一瞬だけ
日本のマスコミの悪いところだし、これが日本人の特徴だよね

女子サッカーどうせなら男子の試合前にやれよ
71:2014/02/07(金) 11:29:26.02 ID:
2億あればプロチームに出来るって言うのは簡単だね
73:2014/02/07(金) 11:33:49.55 ID:
ソフトボールなんかよりはだいぶマシだとおもうが
75:2014/02/07(金) 11:56:43.81 ID:
>>73
ソフトは100%アマだし、女子サッカーのように男子リーグにおんぶしてもらえない
比較的競技が似てる野球界からの協力も少ない

比べるのは酷だよ
83:2014/02/07(金) 12:31:31.76 ID:
神戸はどうも方針転換って気がするけど・・・
ぱち屋の旦那は広告媒体としての神戸にそろそろ見切りをつけた感じ。
そうなると一強時代は終焉するけど、だからと言って他のレベルが上がる
訳でもなく、めぼしい選手が海外に出てしばらくは低いレベルでの
ドングリの背比べになって人気はさらに加速度的な下落だろう
89:2014/02/07(金) 12:52:34.49 ID:
日本には根回しとか足並みを揃えるとか
出る杭は打たれるというような文化がある





記事の閲覧ありがとうございます。下のバナーをクリックで応援お願いします!


コメント
※必須入力


コメント一覧

トラックバック
Copyright © 【2chサッカーまとめ】らぶサカ All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。