本田圭佑監修のサッカースクールでは指導者の考えを押し付けず 子供の方がもっと凄い発想や感性を持ってるかもしれないので - 【2chサッカーまとめ】らぶサカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田圭佑監修のサッカースクールでは指導者の考えを押し付けず 子供の方がもっと凄い発想や感性を持ってるかもしれないので

1:2014/02/11(火) 06:43:37.16 ID:
本田圭佑が子供たちに伝えたいこと 2014年02月05日(森哲也)

 2012年6月から開校した本田圭佑監修のサッカースクール。現役の代表選手がスクールを開くこと自体異例と言えるが、そこでは一体どういったことが行われているのか。本田のマネージャーであり、スクールの責任者でもある榎森亮太氏に話を聞いた。

◆本田が体現する自己管理の大切さを子供たちに伝える

(中略)
 なぜ現役真っ盛りの本田が本格的なサッカースクールを始めたのか?一体何を目指しているのか?そういう素朴な疑問からの取材依頼だったが、一方で頭の片隅には少しの心配事があった。本田は名前だけを貸して、実態はほとんど何もやっていないのではないか…。実際に有名選手の名を冠した形だけのスクールも存在する。だが、そんな浅はかな先入観が恥ずかしくなるくらい本田も榎森も本気だった。

◆「今まで会った人のなかで一番緊張しましたね」

(中略)
――初めて会った時の印象は?
「月並みですけどオーラはありました。それまで日本の雑誌などでチェックしていて、ひとつ下なのに堂々としているし、言っていることはデカイし、こいつはどれだけの奴なんだと(笑)。そういうところに惹かれてはいたので、一度この目で見てみたいという思いがあったんです。今まで会った人のなかで一番緊張しましたね」

――それで、その後も関係が続くと。
「僕はドイツのデュッセルドルフに住んでいたのですが、本田が個人練習するときなんかに『来るか?』と言われれば、必ず行って、ほぼ毎日のように会っていました。とにかく何でも吸収したかったし、何かひとつでもヒントが落ちているんじゃないかと」

(
>>2
に続く)

フットボールチャンネル
http://www.footballchannel.jp/2014/02/05/post24802/
http://www.footballchannel.jp/2014/02/06/post24979/
http://www.footballchannel.jp/2014/02/07/post25141/

本田圭佑プロデュース|ソルティーロファミリアサッカースクール
http://soltilo.com/

[sponsored link]

2:2014/02/11(火) 06:44:19.02 ID:
(
>>1
からの続き)

◆「イメージできたら成功なんです」

――そのときに本田選手から吸収したこととは?
「自分を律すること、ですね。これはあとでお話するスクールにもつながるんですが、本田の自分を律する力や意志というのは並大抵ではないです。これは本田がどこかで言っていたことなんですけど、イメージできたら成功なんです」

――イメージできたら?
「例えば森さんが今から宇宙飛行士になりたいと思っても、どう努力していいかイメージできないじゃないですか。なりたいと思ってもどうしたらいいのかわからない、それだと成功するわけがないんです。だけど頭の中でその道筋さえも何パターンか明確に想像できたならば、あとは努力するだけだと思うんですね。要はちゃんと目標に向かうレールを自分で敷ければ、イコールもう半分以上が成功しているってことだと思うんですよ」

――道筋をちゃんと描けているかが重要だと。
「本田はお酒を飲まないし、食事の管理も徹底しているのですが、それはサッカー選手だから食事にこだわるとかそういう固定された考えではないと思うんです。スポーツ選手ってお酒飲んでも夜遊びしても、グラウンドで結果を残せば大抵のことって許されると思うんですよ。ただ、例えばレアル・マドリーの10番になる道筋を想像しているからこそ、長い目で見て今の自分にとってこれは必要ないと思ったら絶対にやらない。一時的な欲に負けない。これは本当にすごいなと思います。だから僕が一時的な欲に負けそうになっていると突っ込まれます」

――(笑)。私も含め大抵の人間はそうだと思います。
「頭の中で明確に想像して、行動に移せる。そして自己管理能力が非常に高い。でもこれって子供にとってもすごく大事なことで、スクールで伝えていきたいことでもあるんです」

(中略)

(続く)
3:2014/02/11(火) 06:44:59.78 ID:
(続き)

◆自分たちでもっと上手くなるために考えて欲しい」

――自分を律すること、夢を持つこと、ほかにコンセプトはありますか?
「常に子供たちに自主性を持って下さいって言うんですよ。僕たちのスクールの指導法では指導者が決めつけることはしない。いまのプレー違うよ、ワンツーの方が良かったじゃん、そういう(指導者の答えを先に押しつけてしまう)コーチって自分のこれまでの選手経験でも実際にいたんです。勝つためには仕方ないのかもしれませんが、僕たちは子供たちにもっとサッカーを好きになって欲しいし、自分たちでもっと上手くなるために考えて欲しいって思っています。もし決めごとを作ったら、それは僕たちの拙い知識の中での答えになってしまう。子供たちはもっとすごい発想や感性を持っているかもしれないのに。僕はサッカーにおいてああしろ、こうしろと言われてきた人間だったので、海外に出た時にすごく困ったんです。自分で考えないと生きていけないから、そこで初めて今までのやらされるサッカーからの自立を覚えたんです。でもそれでは遅い。だから子供のうちから考えることを身につけさせる。そうすると、自分でこうしたいと思えるようになるんです。思えるってことは、自分の夢を持てると。そうしたら自分の道筋も自分で考えるようになります。だから自主性を持たせることイコール夢を持つことなんです」

◆「プロになって海外に行ったりした時に何の役にも立たない指導はしたくない」

――そこで自主性と夢がつながってくるんですね。
「自分で道を切り開いていく、それはある意味本田のメンタリティだったりする。自主性というのは本人が打ち出したコンセプトなので、子供たちによってどんどん変わっていくものだと思います。ただ、結果ってものすごく大事ですよね。だから僕が言ったことはかなり綺麗ごとなんです。でも理想って通さないといけないと思うんです。いま勝つために子供たちにやらせる、それって一時的な欲だと思うんです。その子供が大人になったり、プロになって海外に行ったりした時に何の役にも立たない指導はしたくないんです」

(続く)
4:2014/02/11(火) 06:45:41.72 ID:
(続き)

――本田選手も自主性についてかなり強く言ってるんですか?
「それはものすごいですね。これは、外からは見えづらい部分だと思うのですが、スクールはいわゆる本田の名前貸しじゃないんです。(海外にいる)本田とはほぼ毎日電話していますけど、8、9割はスクールのことを話しています。本田監修とは謳っているものの、全ての練習メニューのコンセプトやメソッドも本田が現場の責任者と直に連絡をとって議論して決めてるんです」

――そこまで本人がやられているんですか。
「いまユニフォームを制作中なんですけど、デザインから質感までこだわりがすごいんです。それだと子供たちが動きにくいからダメだ、とか」

(中略)

◆「親御さんに明確に説明できないお金はもらうな」

――そこまで情熱を注いでいるのはすごいですね。ところが、HPにある料金表を見たら非常にリーズナブルでした。
「実は料金設定では本人とものすごく戦いました。僕は事業責任者なので最低限の収益を上げないと会社が潰れてしまうと考えますよね。だからもっと高く設定したかったんです。入会金、年会費もいただいて、ユニフォームも買ってもらう予定だったんです。そうしないとコーチの人件費を賄えない。コーチも誰でもいいってわけじゃない。クオリティを維持するにはそれなりのお金がかかりますよね」

――年会費も入会金も取ってないんですか。スクールでそれは珍しいですよね。
「一切取ってないです。だから圭佑、今は年会費、入会金取るのが普通だよと。そしたら、入会金、年会費取って何に使うんだよ、と言ったんです。いやいやいろいろあるでしょ、と。例えば、コーチの給料とかグラウンド代とか、親御さんへの資料の送付とか雑費もいろいろかかるんだよ、と伝えたんです」

――そうしたら?
「(雑費なんて言って)親御さんに明確に説明できないお金はもらうな、と。みんな入会金、年会費って本当に何にかかってるか知らないでしょ、って。収益が大事なことは知ってるけど、俺が小さいころは、貧乏とまでは言わないけど、高額なスクールに行きたいとは、気を使って言えなかった。そういった子は一人でも減らしたいと」
――なるほど。

(続く)
5:2014/02/11(火) 06:46:22.97 ID:
(続き)

◆「俺たちの考え方をつないで、自主性を持った子供たちをどんどん増やしていきたいからやる」

「俺たちが目指してるのはそういうところじゃない、草の根的な活動だろう、と。いろんな人にフィロソフィーを伝えていく。俺たちの考え方をつないで、自主性を持った子供たちをどんどん増やしていきたいからやるんでしょう、と。それは、高額なスクールだとできるのかと。できませんと。じゃあお前は死ぬ程努力しろと。お前に求めるのは事業的要素もあるけども、そんなスクールにしたくないと」

――それで榎森さんは腹をくくったわけですか。
「僕に託されたんであれば、もう一言、やるしかない、ですね。事業責任者ではあるけれども、本人の理想はつなげていきたい。その方が子供たちにとっていいのは間違いないですしね。だからいま作っているユニフォームも、作ってますというインフォメーションを流すだけで、買う、買わないはみなさんに任せると。強制ではないんです」

――筋が通ってますね。
「通しすぎですけどね(笑)」

――それで月謝も安いから事業責任者としては本当に大変ですね。
「あの多分ね、これ(髪の毛)ジェルで固めてるんですけど、洗ったら多分禿げてるんですよ」

――またご冗談を。
「これが氷山の一角どころか、もう小石ぐらいの話なんですけどね。でも楽しいんですよ。僕は26歳ですけど、非常に幸せな経験をさせてもらってるなと思って」

(後略)

■榎森亮太 1985年生まれ。奥寺スポーツアカデミーに在学中、上海申花U-19に留学。卒業後、長野エルザ(現・長野パルセイロ)に加入。ドイツに渡り下部リーグでプレーしていた時に本田圭佑と出会う。その後、専属マネージャーを経て「ソルティーロ」事業責任者に就任。
http://number.bunshun.jp/search/author/%E6%A6%8E%E6%A3%AE%E4%BA%AE%E5%A4%AA

≪参考記事≫
【野球】いまだに軍隊式の日本球界に有望選手が見切りをつけるのは自然な流れ 監督や先輩に絶対服従では自ら考えなくなり個性が薄れる★2
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1391256087/
9:2014/02/11(火) 06:51:39.09 ID:
これはマジで大事だな
なんかさ、大人って経験はなまじあるから
子供に何でも教えようとするけど
自分で考えられない子は何やってもダメ
12:2014/02/11(火) 06:53:11.95 ID:
日本てジュニア世代は強いって言うけど大人になると弱くなるのは
自主性がないからだって前誰かが行ってた
17:2014/02/11(火) 07:03:24.66 ID:
これはマジでいいと思う
運動でも勉強でも仕事でも
大人になってからこれが分かってるやつは年とってからでも伸びるけど
そうでないと完全に止まる
18:2014/02/11(火) 07:03:45.14 ID:
ユースへの移籍金で回収するんかな
19:2014/02/11(火) 07:03:48.52 ID:
けど戦術的な理解を深めるのは必要だけどな
適当に自由にやらせてたら金魚の糞サッカーにしかならんし子供とか
21:2014/02/11(火) 07:04:27.94 ID:
料金表見たけどガチで安いな
最高学年でも週2で月11000円て

うちの塾週2だと月33000円だよw
26:2014/02/11(火) 07:09:01.11 ID:
しかしこれドリブルとかやらせても
上にいったら通用しないじゃん
とか決めつけてる遠藤兄のサッカースクールの立場が
27:2014/02/11(火) 07:09:43.50 ID:
そうかな?
海外でもそうだけど、小さいころから徹底的に基礎を指導する
逆にすごい管理された環境で育ってるプレイヤーが多いよ
29:2014/02/11(火) 07:10:13.84 ID:
ゆとりないと偉大な発明家はうまれなかった
アインシュタインとか、特許庁でヒマすぎたからアレコレ考えられた
といういいとこもある
42:2014/02/11(火) 07:17:17.01 ID:
>>29
アインシュタインは詐欺師の聾唖作曲家佐村河内と同じだから

裏で奥さんが必死にリーマン予想計算したり論文書いたりしてた。
31:2014/02/11(火) 07:11:08.02 ID:
まあそういうのって基本が出来てからだとは思うけどな
普通はこう、定石はこうだってことを教えて、やらせてから、じゃあもっと良くするにはどうすればいいか考えさせるのはいいと思うよ

とりあえずサッカーは監督の指示が絶対なんで
監督の戦術、上の指示通りにやるって能力を育てないといけない

いくらアイデア抜群のプレーが出来ても監督と喧嘩したらベンチ外だ
33:2014/02/11(火) 07:11:35.46 ID:
校訓(アップ前に全員で読み上げる)
「その考えはごもっとも。だが俺の考えは違った」
37:2014/02/11(火) 07:15:33.33 ID:
>>33
のような選手が増えるのか カオス
34:2014/02/11(火) 07:12:37.08 ID:
大成功か大失敗かのどちらしかないな
35:2014/02/11(火) 07:13:02.59 ID:
凄い選手が生まれる可能性はあがるが平均値は下がる指導方法
40:2014/02/11(火) 07:16:15.02 ID:
>>35
平均値上げるのは部活なりユースなりの大規模組織だろ
41:2014/02/11(火) 07:16:47.55 ID:
まぁ、本物は押し付けても勝手に芽が出てくるもんだしな
大事なのは押し付けるか押し付けないかじゃなくて
どう押し付けるかなんだよな。子供に負担のない押し付け方をできるか否か
それが教育ってもんだ
44:2014/02/11(火) 07:19:08.98 ID:
これは別にほんとに子供の好き放題やらせるとかではないだろ

大人側の教えすぎの自制だよ
実はそれが本当に難しい
46:2014/02/11(火) 07:21:22.41 ID:
この考え方って将来サッカー以外の仕事に就いた時に役に立つと思う
47:2014/02/11(火) 07:24:22.56 ID:
本田のサッカースクールに入ってくるガキは
その時点でやりたい方向付けできてるわけだから
学校のゆとり教育とはちょっと違うよ
何をやっていいかわからん時点のガキには
ある程度詰め込んでその中から伸ばすもの見つけていかないといけないけど
55:2014/02/11(火) 07:37:35.07 ID:
スペインもテレビゲームや習い事の普及で
サッカーはスクールでやるものになったってスペイン人記者が書いてたな
56:2014/02/11(火) 07:41:07.97 ID:
基本は当然大切だけど応用はやっぱり本人の資質が重要だな。
62:2014/02/11(火) 07:47:42.64 ID:
まあ現在のサッカー協会の指導方針も似たようなもんだよ。
実際の現場レベルでは難しい面もあるんだけど、若い指導者ほど近い事はやってると思う。
75:2014/02/11(火) 07:57:47.98 ID:
この手の考え方は苦手
型にハメることで型からはみ出る発想が生まれる
82:2014/02/11(火) 08:00:33.85 ID:
>>75
机上の論理だな、みんなをパサーに育てたり
するのが良いって事か
88:2014/02/11(火) 08:04:59.56 ID:
経営は本田次第か。
背負うモノが違うな、この男は。





記事の閲覧ありがとうございます。下のバナーをクリックで応援お願いします!


コメント
※必須入力


コメント一覧

サッカースクールはその場所によって指導方針が合う、合わないあると思います。
三菱養和サッカークラブ、クーバーコーチングのコーチをしている森内勇貴コーチのスクールでウチの家族は上達を目指しています。

2014-03-07 00:20のぶ

トラックバック
Copyright © 【2chサッカーまとめ】らぶサカ All Rights Reserved.
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。